「デホダー」は、イランの有名な言語学者、アリー=アクバル・デホダー(1879-1956)の姓名です。 1915年、デホダー氏は大ペルシア語辞典を作ることを計画しました。そして1945年から1956年にこの世を去るまで、デホダー氏は自宅をロガトナーメ・デホダー研究所としてペルシャ語の研究に生涯を費やしました。その後、研究所はイランの「全国協議会」の傍へ移され、モハンマド・モイエン博士が研究所長となりました。1958年、研究所はテヘラン大学に移され、現在までテヘラン大学附属の研究所として営まれてきました。1974年、研究所は現在の場所へ移されました。

コースの説明

デホダー本校のシラバスと教科書に基づき、50回のレッスンで言語の4つの能力(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング)をしっかり学んでいただける、アカデミックコースです。

本コース名は、デホダー本校の名前の基となった有名な言語学者、アリ・アクバル・デホダー(1879-1956年)の名に由来しています。

授業の時間割(表)

おすすめ/ポイント

おすすめの説明

ポイント1

文章

ポイント3

文章

ポイント2

文章

ポイント4

文章

教科書についての説明

文章文章